header-logo-pc

header-logo-sp

News

Blog「ラブソングは永久に不滅です」

2019.07.17

  • Blog

いつか空いた時間に読もうと思って買った本たちが
いつの間にかちょっと空いたくらいじゃ到底読みきれない量になってしまって
しばらく本屋さんに行くのは控えようと思った今日この頃

誰かが言っていた、「暇は出来るものじゃない、自分で作り出すものだ」
という言葉がふぁっと頭をよぎった、そんな今日この頃

曲を書いています

7月も中旬、未だ、ジメジメとした空気(先週もそんなこと書いたな)
家の湿度計は70%を下回る事はなく、このままじゃ本たちが湿度で波々になっちゃうよ
とか思いながら、曲を書いています

男と女、よく男性脳と女性脳の違いとか話題になったりしますが
何故、神様はわざわざ惹かれあうはずの男女をすれ違うようにしたのか

わかり合う、でもすれ違う、その上で許し合い、愛し合う

でもまたすれ違い、分かり合えず、許し合えず、でもまた愛し合う

そんな繰り返し

全部わかってしまったら面白くないのか
わからないからこそ必死になるのか

刺激が大事なのか、「喧嘩するほど仲がいい」とは誰が作ったことわざなのか

どんなに文明が進歩しても、科学が発展しても
男女間の問題だけはいつの世もみんな同じことに頭を抱え、恋を煩(わずら)うわけですね

相手の全てを知らないと信じ合えないのか
わからないことがあったほうが魅力的なのか

純愛ラブストーリーから昼ドラまで
愛のバリエーションは幅広く、奥深く

恋は甘く、愛は曖昧、胸の高鳴りだけが抱いた気持ちの証拠、な訳で

個人的に、運命と軽々しくいうのは好きじゃないですが
僕も運命の人と、一喜一憂して、悶え苦しんで、最後には本当の愛を見つけてみせるよ!
そこに男女の違いなんてないからね!

今日もみんな愛し合ってるかい!

ラブソングは永久に不滅です


あ、ちなみに今書いてる曲は失恋に向かい始めてますが…笑