header-logo-pc

header-logo-sp

News

Blog「ローストビーフが待っている」

2019.11.06

  • Blog

なんだか最近、食べ物の話題が多いような気がしますが

本日もタイトル通り、食べ物の話です

生きるために必要な話題ですから仕方ないですよね!

舞台は近所のスーパーです

レジのおばちゃんにすっかり顔を覚えられているスーパーです

ことの始まりは

「ステーキだけを1ヶ月食べ続けた人が10kg痩せたらしいよ」

どこぞの誰かが何気なく言った全く信ぴょう性のないことを

僕がどこかで耳にして、そのまま記憶されてしまったのが始まりでした

身体をバシッと絞りたい僕、その頃は

毎食、普通に食事をする前に生のキャベツ1/4玉を15分かけてポリポリ食べる

という方法で、引き締めにかかっておりました

これによって満腹神経が刺激され食べる量が減り、血糖値上昇が緩やかになり

無理せずに痩せるというもの

全然、これでもよかったんですが

毎日大好きなステーキを食べて痩せられるなんて!という欲が出ました

脂肪分の少ない赤身肉を使うらしく

ちょっと調べた付け焼き刃の情報だと

赤身に多く含まれるLカルニチンという成分が脂肪の燃焼を促進する働きをするんだって!

みんな知ってたー???

あながちまったくの嘘というわけではないみたいです

というわけで、一日一食はステーキを食べる生活を始めました

外食は金銭的に厳しいので家で調理しました、おかげでステーキの焼き方に詳しくなったよ!

美味しく頂いたステーキ、付け合わせはブロッコリーとか糖質ではないものです

すると、確かに、いきなり痩せました、2日で2kg弱くらい

これはいいんじゃないか

満足感もあるし、品数がない分なんだかんだ食費も浮いてるような

レジのおばちゃんには「毎日ステーキ肉を買っていくお兄ちゃん」という印象が上書きされました

今のところ欠点の見当たらない方法

お肉が毎日でも食べたい、という人にとってはまさに夢のような方法だと思います

が…

ある日、もくもくとお肉を頬張る僕に、強敵が現れました

そうです、「飽き」です

この「飽き」は塩コショウを振っただけのランプ肉のパサパサ感を際立たせていきました

しんどい…

何かいい方法はないか、考えました

肉を柔らかくする、ジューシーさを増す方法を探しました

蜂蜜と玉ねぎを刻んだものにお肉をつける…蜂蜜は糖質です、これじゃ本末転倒です

悩みに悩みました、お肉を美味しく食べるにはどうしたらいいんだ

そんな時です、スーパーのお肉コーナー

ステーキ肉が鎮座しているその横にふらっと視線を移すと

ローストビーフ用のブロック肉がやっと気づいたかと言わんばかりにこちらを見つめ返していました(錯覚です)

ローストビーフ、なんとなくお店で食べるものというイメージだったんですが

思いの外調理方法を調べてみると簡単でした

表面を焼いて、アルミホイルに包んでおいておくだけ(詳しくは調べてね!)

それでいてくせのない食感に、ステーキに飽きを感じていた僕も

V字回復で、また励むことができました

閉店間際でも残っていることの多いローストビーフ

あれ?僕のために取っといてくれてんのかな?

と錯覚するほどテンションが左右されるようになってきました

レジのおばちゃんには「毎日ローストビーフ肉を買っていくお兄ちゃん」と上書きされ

僕のローストビーフへのこだわりが日に日に増していく

ほら、こんなことを長々と書いていたせいでお腹がすいてきてしまった

夕飯のメニュー?

決まっているとも

僕には今日も

ローストビーフが待っている