header-logo-pc

header-logo-sp

News

Blog「ぬけがら」

2019.08.14

  • Blog

午前中は窓の外は土砂降りで
昼前には止んで晴れ渡り
動き出さねばと思い外へ出ると
セミの抜け殻が落ちていた

長い間身にまとっていたものを脱ぎ捨てて
大空へ羽ばたいて飛んで行った後に残るぬけがら

まさに、大人になった証拠だなと
セミはわかりやすくていいなと、

それに比べ

人間は一体どうなったら大人なんだろうね

20歳になったら
学校を卒業したら
仕事に就いたら
一人暮らしを始めたら
中身?見た目?

宣言しちゃえばいいのか
「本日から、大人になりたいと思います」

はてさて

そのボーダーはどこなんだろうね

ちなみに僕は
初バイトのお給料日に記帳しに銀行に行った時かなと

お小遣いとして親からもらうものだったお金が
自分で働いたその対価として受け取るものに変わった瞬間

そういうところに大人への階段が潜んでいるんじゃないかな

日常、過ごしていても
おれ今日羽根生えてるわーって思うことは
実際のところあんまりないけれど(レッドブルは関係ないよ)

でも

おれ今日めっちゃぬけがらーって時は
割とあるかもしれないなあ

そんな日はそっと世界に想いを寄せるのもいいさ

大人になるってことは
目に見えない羽が生えて
自由を手に入れて飛んでいく
なんてわかりやすいことじゃないのかもしれない

なんとなーく羽ばたける気がして
少しずつ見える世界が広がっていくのかもしれない

一段一段、一つ一つ、確かな積み重ねが
自分の心も身体も大人にしていく

セミだって、地面の中で長い間積み重ねてやっと
地上に出てきて新しい姿になるんだから

一朝一夕に行くわけないよね

木の幹に止まって全力で鳴くセミに
なにか大事なことを教わった気がします